女性のための高収入で稼げるアルバイト「チャットレディ」の大阪(心斎橋・難波・梅田・本町)求人情報サイトです

嫌われ女と好まれ女

命令口調な女性は印象が悪い?周囲の印象と改善ポイント5つ

「命令口調のせいで周りに引かれてる感じがする…」

「悪気はないのに、気がつくと命令口調になってしまう…」

そんな悩みを持つ女性は少なくありません。

今回は、命令口調な女性が周りにどう思われているかについて詳しくお伝えします。

また、命令口調を直したいという方のために具体的な改善方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

命令口調な女性って周りにどう思われてる?

「つい命令口調になってしまうのを直したい」

そう思っても、命令口調の人のことを周囲がどう思っているかがわからなければ、改善すべき点は掴めません。

ここでは、命令口調な女性が周りにどう思われているかを押さえておきましょう。

きつい

命令口調な女性に対しては、大半の人が「きつい」という印象を抱いています。

事実、命令口調の人の多くは家族や友人などから「きつい」と言われた経験を持っています。

また、周囲の人から「きつい」と言われたことによって、初めて自分が命令口調になっていることに気づいたという人もいます。

怖い

命令口調というのはどうしても高圧的な感じがするため、多くの人は命令口調な女性のことを「怖い」と思っています。

中でも、何も言い返せない立場の人は、命令口調な女性に恐怖を抱きやすい傾向があります。

ただ言うことを聞くしかできない自分が情けなくて、プライドが傷つけられたと感じることもあるようです。
  • 気が弱い人
  • 年下の人
  • 職場の後輩など立場が下の人

上から目線

命令というのは、本来「上」から「下」に下すものです。

したがって、命令口調な女性に対し「上から目線」という印象を持っている人は多く存在します。

結果、命令口調な女性は周りから様々な不快感を持たれてしまいます。
  • 「偉そう」
  • 「人を馬鹿にしてる感じがする」
  • 「人の気持ちを考えない人」

命令口調を改善するためのポイントは5つ

伝えたい内容そのものを変えなくても、話し方を部分的に工夫すれば印象はガラッと変わります。

ここでは命令口調を改善するためのポイントを説明します。

➀ 語尾を和らげる

命令口調の人には語尾を強めて話す傾向があります。
文章にすると「~しておいて!」と、セリフの後に「!」が付いたような話し方です。

語尾を以下のように和らげると、命令という印象はなくなります。

  • 「~してもらえるかな?」
  • 「~してもらえると助かるんだけど…」
  • 「~してもらえると嬉しいなー♪」

「!」を「?」「…」「♪」などに替えるイメージで、相手との関係やその場の状況に応じて使い分けましょう。

➁ 主語を自分にする

主語を相手にすると、「あなたは実践する人、私は命令する人」と言っているように聞こえます。

しかし、主語を自分に置き換えると「あなたへの命令」ではなく「私からのお願い」という印象に変わります。

  • ×「あなたから〇〇さんに電話しといて」
  • 〇「私、あなたから〇〇さんに電話してもらえると助かる」

➂ クッション言葉を入れる

相手に対して指示的なことを言いたいとき、その前にクッションとなる言葉を入れると印象は柔らかくなります。

クッション言葉はビジネスではよく使われていますが、プライベートでも活用が可能です。

  • 「申し訳ございませんが/申し訳ないんだけど・悪いんだけど」
  • 「お忙しいかとは存じますが/忙しいとは思うけど」

➃ 間を取って話す

言いたいことを一気に伝えると、相手に「一方的」「高圧的」という印象を与えてしまいます。

命令口調だと感じさせないようにするためには、間を取って話すという方法が効果的です。

➄ 後から一言添えてフォローする

もしも口を突いて命令口調が出てしまったときは、後から一言添えてフォローします。

思いやりの一言を付け加えれば、相手を気遣う心はちゃんと伝わります。
  • 「ありがとう」
  • 「ごめんね」
  • 「よろしく」

命令口調は使い分け次第で歓迎される!好かれるポイントは3つ

ここまでは、命令口調な女性が人に与える印象と改善の仕方をお伝えしてきました。

ただし、命令口調というのは状況に応じて使い分ければ歓迎される場合もあります。

ポイントを押さえて上手に使い分け、命令口調を個性として発揮しましょう。

➀ 命令口調に可愛さをプラスする

命令口調な女性といえばきつい・怖いなどの印象があり、可愛さとは無縁の感じがしますね。

可愛い雰囲気を醸し出しながら命令口調を使うと、周りは「命令口調なのに可愛い」というギャップによって受け入れたい心境になります。

お願いごとやおねだりをしているような感じで命令口調を使うのがコツです。

➁ 命令口調を使って場をまとめる

学生時代の同級生や古い友人など、気心が知れた仲間うちが集まる飲み会のような席では、命令口調によって場をまとめるという使い方ができます。

ポイントはずっと命令口調で話し続けるのではなく、まとめ役が必要な場面が来たときに使うことです。
  • メニューを繰り返し見ている仲間に、「とりあえず飲み物だけ決めればいいでしょ!」と言う。
  • 二次会をするか否かの話が決まらないとき、「二次会行きたい人、手を挙げて!」と言う。

昔からの仲間との間には、「深い信頼関係でつながっている」「お互いのキャラをよく理解している」など、誤解が生じにくいベースがあります。

このため、昔から思ったことをはきはき言うタイプだった女性が命令口調を使っても、お決まりの役割のように認識されるのです。

➂ Mっ気のある男性に冗談で命令口調を使う

Mっ気のある男性が相手であれば、命令口調は喜んで受け入れられます。

ただし、冗談っぽくふざけて命令しているという程度に止めましょう。

きつい命令口調を使ってしまうと、相手を傷つけることにもなりかねません。

また、男性のMの度合いが強い場合は本気で惚れられてしまう危険性もあります。

飽くまでも明るく笑いながら、冗談として命令口調を使うというのがポイントです。

まとめ

命令口調を直すために、自分の性格やコミュニケーションスタイルを全て変えようと思う必要はありません。

ご紹介したように、部分的に改善すれば周囲に好印象を与えることは充分可能です。

また、命令口調な女性には「言いたいことがはっきりしている」という長所もありますので、持ち味を上手に生かせば、いろんな場面で人の役に立つことだってできるのです。



チャットレディプロダクション
「マーメイド」

関連する記事

0120077913 (電話受付:10時~24時) メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ LINE ID:mermaid-82で検索 (メール・ライン受付:24時間)