特選!言葉遣いが丁寧な女性が好かれる理由とは

丁寧な言葉遣いで話す女性の多くは、異性からも職場の仲間からも好かれます。

しかし完璧な敬語を使えば良い印象を持たれるかといえば、決してそうではありません。

今回は、言葉遣いが丁寧な女性が好かれやすい理由と、人に好印象を与える話し方のポイントをご紹介します。

言葉遣いに自信がある方もない方も、今後の人間関係をより良いものにしていくために、ぜひ目を通してみてくださいね。

人は「言葉遣い」から相手の「心」を感じ取る



一般的に私たちは何かを使用するとき、「使う」という漢字を用いますね。

たとえば、お箸を使う・ハサミを使う・パソコンを使うなどです。

でも、言葉遣いには「使」ではなく「遣」という漢字が用いられています。

「遣」…よくよく考えてみると、普段用いることがあまりない漢字ではないでしょうか。

人と接するとき、言葉遣いというものがいかに大切かをお伝えするためにも、言葉を一つご紹介しておきます。

それは「言葉遣いは心遣い」という言葉です。

言葉遣いとは心遣いを反映させたものだからこそ、「使」ではなく「遣」という字が用いられるんですね。

気遣い。心遣い。言葉遣い。

同じ漢字を持つものを3つ挙げてみましたが、これらはどれも人との関わりにおいて用いられる言葉です。

言葉遣いによって相手に伝わるのは、優れた敬語の知識ではなく、その奥にある心、たとえば「相手を尊重する姿勢」「思いやりの気持ち」「好意」などです。

そう考えると、言葉遣いが丁寧な女性がまわりの人たちに好かれるのは当然かも知れませんね。

言葉に「心」を反映させる女性は好印象

学生が社会に出るときに思うことの一つに、「ちゃんとした言葉遣いが身につくかどうか」という不安がありますね。

また、大人になって数年が経った人の中でも、正直なところ自分の言葉遣いが大丈夫だとは思えないという人は結構いるかも知れません。

日本語は難しい。敬語は苦手。敬語アレルギー。

あまりにも言葉遣いを気にしすぎると、人と話すときに緊張してしまい、会話が全く弾まないという別の問題を引き起こします。

そこで、敬語が苦手という方は「言葉遣いで一番大事なのは心を伝えることだ!」と自分に言い聞かせることをおススメします。

たとえば飲み会などで初めて会った人に話しかけたとき、どちらの応じ方をされた方が印象が良いかという例で考えてみてください。
  • 「さようでございますか。それは興味深いお話でございますね」と棒読みで真顔で言われる。
  • 「そうなんですか!凄く面白いお話ですね!」と声に抑揚をつけ気持ちを込めて言われる。


皆さまもご存知の通り、共感性の高い女性・愛嬌のある女性は人気があります。

美しい言葉で話していたとしても、気持ちがこもっていなければ人に好かれるには至りません。

敬語が苦手でも、心さえ込めれば大丈夫?

今度は、心さえ込めていれば言葉遣いなんて気にしなくて良いの?という疑問に迫ってみます。

気持ちを込めて一生懸命に会話をする女性は、確かに少々言葉遣いが乱れていても人に嫌な印象を与えることはありません。

しかし同じ場に、気持ちも込めるし一生懸命さも伝わるし、なおかつ言葉遣いも美しい女性がいたとしたらどうでしょう。

わかりやすく表現するなら、前者は「心がきれいな女性」、後者は「心も言葉遣いもきれいな女性」ということになります。

…そうなると、印象が勝るのはやはり後者ということになるのではないでしょうか。

前者と話した場合は「何ていい人だろう」という印象を持つでしょう。

でも後者と話した場合は、「何ていい人だろう。言葉遣いも丁寧だし」と二度感動を味わうことができます。

とはいえ同年代のコンパや飲み会では、言葉遣いに対してそれほど高いレベルが求められることはないかも知れません。

問題は、仕事上の取引先の方との応対や、ビジネス絡みの接待などです。

社外のお客さまが相手であったり、自分よりも圧倒的に地位が高い人や目上の人と接するときは、気持ちさえ込めていれば大丈夫というわけにはいかないですね。

まして、目上の人がきちんとした言葉遣いで話しかけてきているのに、こっちは愛嬌だけで応じるなんて、失礼極まりないということになってしまいます。

ワンセンテンスを短くする

言葉遣いというのは他のスキルと同じで、短期間でマスターするのは困難です。

人に好印象を与えたい…。だけど完璧な言葉遣いなんて無理…。

そんな女性のために、活用しやすい会話術を少し紹介しておきます。

言葉遣いに苦手意識がある人が会話で失敗しない一番のポイントは、「ワンセンテンスを短くする」ことです。

長く話さない、短く切るということですね。

ここでは、短いセンテンスで使えるスキルを紹介します。

①相手の言葉を丁寧に復唱する。

相手が言ったことを復唱するスキルは、接客業でもよく活用されています。

相手のセリフを聞き、すぐに自分の考えをまとめて返すのは難しいものですが、復唱なら誰でも出来ますね。

「昨日、友達に会ったんだよ」と言われたたら、「昨日、ご友人にお会いになったんですね」と、相手の言葉を少し丁寧にして復唱するのがコツです。

②挨拶用語を積極的に活用する。

相手が何か話したとき、様々な挨拶用語で受けるという方法です。

挨拶用語とは、文字通り挨拶の用語です。

言い換えれば、会話のきっかけになる言葉です。

たとえば、「はい」という返事も挨拶です。

「ありがとうございます」「かしこまりました(承知いたしました)」も挨拶用語ですし、「失礼ですが」といった言葉も挨拶用語です。

こういった用語をどんどん入れて会話をすると、相手には「何て言葉遣いが丁寧な人だろう」という印象を持たれます。

会話そのもので多少敬語に間違いがあったとしても、挨拶用語が入っていることで話している内容全体が丁寧に聞こえます。


体験ボーナス今体験すると現金1万円プレゼント期間限定キャンペーン中

チャットレディとは?お仕事内容をご紹介!

チャットレディの1日に密着!

身バレ対策!誰にもバレずに稼ぐ変装術♪

身バレ対策!誰にもバレずに稼ぐ変装術♪

動画 身バレ対策!誰にもバレずに稼ぐ変装術♪

チャットレディの1日に密着!

動画 チャットレディの1日に密着!

チャットレディとは?お仕事内容をご紹介!

動画 チャットレディとは?お仕事内容をご紹介!
LINE お問い合わせ
電話 お問い合わせ