チャットレディ正社員 アイキャッチ

チャットレディは正社員で働ける!メリットやデメリットを紹介

チャットレディとして登録しているサイトを見ると、正社員スタッフを募集している事務所をよく見かけるかと思います。

「正社員」という言葉を見ると、安定した収入や残業など正社員ならではの単語を思い浮かべるのではないでしょうか。

ただし、チャットレディの正社員が具体的にどのようなことをしているのか、わからない方も多いではないでしょうか。

今回はチャットレディの正社員について解説していきます。

チャットレディは業務委託が基本

チャットレディの業務形態は、基本的に業務委託です。

業務委託には下記のメリット・デメリットがあります。

メリット

デメリット
自分の好きな時間と場所で働ける
対人関係にストレスがない
自分の好きな仕事で働ける  など
  • 不規則な生活になる
  • 収入が不安定なる など

チャットレディとして働くなら、在宅でも事務所通勤でも業務委託に変わりありません。

歩合制のため、人によってメリット・デメリットが変わってきます。

チャットレディに正社員はあるの?

チャットレディの代理店に所属すれば、「代理店の正社員」として働くことが可能です。

また、運営サイトのサポートスタッフとチャットレディと併せて働く形もとれます。

サポートスタッフを募集しているなかには、正社員登用制度を取り入れている場所もあるため、可能性を広げられるでしょう。

ただ、経験がないために不安に感じる方もいますが、研修制度も取入れられていることも多くあり、スタッフとして働く方の育成に力を入れていところも多いですよ。

正社員チャットレディになると業務内容は変わるの?

業務委託のチャットレディと正社員チャットレディでは、業務内容が異なってきます。

正社員チャットレディの仕事内容をメインに、詳しく説明していきましょう。

チャット業務

チャットレディは、正社員になっても自らチャット業務を行う場合があります。

サイトを盛り上げる役割と、ほかのチャット機能の改善点を見つけるためでもあります。

ただし、報酬面やチャット業務の有無は事務所によって異なるため、事前に確認する必要があります。

管理業務

パフォーマーである女の子の出退勤など、稼働時間を管理する業務になります。

そのほかにも、日払い精算やパフォーマーさんとのコミュニケーションなども管理業務に含まれています。

コミュニケーションには、パフォーマーの女の子からの相談事ややる気を出してもらうための激励も含まれています。

ノウハウ提供

チャットレディはどのようにして「お仕事をすれば稼げるのか」「固定ファンをたくさん作れるか」などのノウハウを正社員として、しっかり熟知することが大切です。

そして在籍しているチャットレディの皆さんにノウハウ提供を行い、チャットレディの女性が希望する収入を得られるようにサポートすることを目的としています。

初心者への指導などにもノウハウを提供するため、しっかりと説明できるようにしておく必要があるのです。

清掃

使用されるチャットルームやシャワールームなどの掃除も業務の一つです。

画面越しから見える男性客への印象を良くするという理由以外にも意味があります。

パフォーマーさんが、少しでも快適に仕事ができるようにするためです。

そのため、設備などの掃除や定期的なメンテナンスも随時確認し報告することも正社員チャットレディの仕事になります。

企画の提案

正社員チャットレディになると、パフォーマーさんが快適に仕事ができるような仕事環境を整えていくことも大切です。

そのため、パフォーマーさんが快適に仕事ができるように会社に意見をまとめて提出するのも、正社員チャットレディの仕事の一つになります。

パフォーマー時代に参加していたイベントも、実は正社員チャットレディが提案していたことも少なくありません。

男性客が楽しめて、パフォーマーのやる気も上がるメリットがあるイベントの企画を考えることが得意であれば、重宝されます。

面接や研修

面接の対応やパフォーマーさんの教育も、正社員チャットレディの業務内容です。

初心者の気持ちになったり、研修を受けるパフォーマーの疑問点に応えることも大切になります。

そのほかにも、チャットレディの体験入店の対応なども正社員チャットレディが行う必要があります。

体験入店も不安な気持ちを払拭するため、チャットレディでしていたキャラを演じることが生きてくるでしょう。

チャットレディが正社員になるメリットは

 正社員チャットレディになると、業務委託チャットレディにはない福利厚生などが充実している面があります。

さらに詳しいメリットを紹介していきましょう。

雇用保険・社会保険に加入できる

正社員チャットレディになれば、社会保険や雇用保険に入ることができます。

仮に正社員を退職した場合は、雇用保険に加入していたので失業保険の受給資格があるのです。

また、社会保険に加入している状態で妊娠した場合は、出産手当金を受給できます。

しかし、正社員ではない場合は業務委託になるため、雇用保険や社会保険に入れません。

自分で代わりとなる保障された保険や、国民健康保険に加入する必要があります。

さらに社会保険の保険料よりも国民健康保険料の方が高い場合が多いです。 

収入が安定する

正社員チャットレディになると、収入形態が報酬から給与に変更されます。

そのため、チャットレディでの売上が伸び悩んだ場合でも、収入が安定するメリットがあるのです。

ただし、チャット業務の収入が給料に換算されるのかは、代理店によって異なるため確認が必要になります。

ほかにも、正社員チャットレディに設けられたボーナス制度もあったりするため、より収入を得ることが可能です。

確定申告をしないで良くなる

正社員チャットレディになると、給与所得になるため確定申告をする必要がありません。

代わりとなる、年末調整を雇用者がしてくれるのです。

また、業務委託チャットレディは雇用されているわけではないため、自分で確定申告をして所得税の支払いをする必要があります。

合わせて読みたい

チャットレディが正社員になるデメリットは

 正社員チャットレディになると、業務委託よりも少し窮屈に感じてしまうことがあります。

どのようなデメリットがあるのか、詳しく説明していきましょう。

収入が減ってしまう可能性がある

正社員チャットレディになると、業務委託でチャットレディをしていたときに比べて、どうしても収入が減ってしまいます。

それは、社会保険料や所得税を引かれているため、手取りとして少なく感じるからです。

また、正社員チャットレディの時間に取られて業務委託チャットレディとして稼働が難しくもなります。

対策として歩合で、追加収入をしてくれる代理店を選ぶことが良いでしょう。

出勤日数が増えてしまう

正社員チャットレディになると、出勤する最低日数が決められます。

そのため、業務委託で働いていたときと比べて、自分の好きなタイミングで働く割合が少なくなってしまう恐れがあります。

また、大型連休前後はサイトへの接続率も上がるので、正社員の稼働が増える可能性もありえるでしょう。

給与が月払いになってしまう

チャットレディの代理店にもよりますが、正社員になった場合は収入が月払いになることが大半です。

また、源泉徴収や年末調整を行う関係で経理を通す必要があるため、指定銀行に振込で行われることがほとんどになります。

今までとは違い、自分の都合に合わせた銀行への振込ができずにわざわざ銀行に行く手間もあるのです。

まずはパフォーマーとして代理店で働くことがおすすめ

正社員チャットレディの業務は、基本的にパフォーマーさんのサポートがメインとなります。

そのため、まずは自分もパフォーマーになり、パフォーマーの気持ちや苦労を知ることが大切です。

また、正社員後の業務をスムーズにこなすためにも、まずは代理店に入りパフォーマーになることをおすすめします。

代理店に入るメリットは下記です。

  • 通勤か在宅かが選べる
  • 福利厚生が充実している
  • 全国的に店舗があるので、就業場所が選べる など

正社員チャットレディでも働き方や頑張り次第で、大きな収入と達成感を得られます。

代理店への通勤を考えている場合は、通勤チャットレディのメリットは?事務所選びの注意点を詳しく解説で紹介しています。

まとめ

 正社員チャットレディについて説明しました。

業務内容や収入に関しては、代理店や契約就業場所によって変わってくるためしっかりと確認しておく必要があります。

また、チャットレディから正社員へなる方もいるので、ノウハウを生かして活躍できるでしょう。

体験ボーナス今体験すると現金1万円プレゼント期間限定キャンペーン中

チャットレディとは?お仕事内容をご紹介!

チャットレディの1日に密着!

身バレ対策!誰にもバレずに稼ぐ変装術♪

身バレ対策!誰にもバレずに稼ぐ変装術♪

動画 身バレ対策!誰にもバレずに稼ぐ変装術♪

チャットレディの1日に密着!

動画 チャットレディの1日に密着!

チャットレディとは?お仕事内容をご紹介!

動画 チャットレディとは?お仕事内容をご紹介!
LINE お問い合わせ
電話 お問い合わせ