絶対にやってはいけない目標の立て方③

【絶対にやってはいけない目標の立て方】

について

①無謀な目標計画を立てない

②習慣にすることの大切さ

と、順にお話をさせて頂いてきましたが本日は最後の

【③勝ち癖をつける】

について私なりの考えをお話ししたいと思います♪♪




これはめちゃくちゃシンプルな事ですが

「勝つ」と「負ける」

どっちがいいですか(∩´∀`)?




確かに負けから得るものもあります。

しかし、単純に「勝つ」方が気分いいし、気持ちいいですよね(^^)?

目標を立てるときも全く同じと思います♪♪




毎日、日々の目標を確実に達成してる方が気分よく取り組めます(^^)/

今回の【絶対にやってはいけない目標の立て方】で

①無謀な目標計画を立てない

についても先にお話しさせてもらいましたが

高すぎる目標は自分を苦しめるだけ><

ストレスが溜まり、開始してすぐに目標から離れてしまうとすぐにメンタル崩壊です><

そうなってしまっては折角頑張ろうと思って目標を立てたのも全く無意味になってしまいます。




かと言って、

何も頑張らなくても、今まで通りの自分でも達成できる楽すぎる目標も何の意味もありません。

達成感もありません。




なのでまずは今の自分自身を知ることからはじめて

今の自分にできる範囲で過度な無理なく頑張れる目標を立て

毎回確実にクリアして気分よく取り組めることが大切と思います♪♪




目標を立てた時、一番大切なことは「継続する」こと☆

毎回確実にクリアして気持ちよく取り組めてるものに対しては継続でき、

その継続が「習慣」に変わっていくと思います(^^)

そういった意味で「勝ち癖」をつけることが大切で

自身のメンタルに大きなプラスの影響を与えることになると思います。




今、チャットレディのお仕事をされていて思う様に収入が伸びず悩んでる方…♪

がむしゃらに頑張ろう!!と意気込むのではなく

一度冷静になって自分自身を知る事からはじめてみませんか(*^-^*)?




当店の場合は毎回お仕事される毎に集計表をお渡ししています。

  • 月間獲得pt
  • 月間の収入
  • 月間の出演時間

など、他にも細かい項目を表にまとめていますが

この表をじっくりと見るだけでも自分を知ることができます♪




まずは

  • 1日あたり何ポイント獲得しているか?
  • 1日あたり何時間出演しているか?
  • 1時間あたり何ポイント獲得できているか?

からでいいと思います(^^)/

この数字を確認した上で、まず誰でも今すぐにできることは

1回の出勤内で何時間出演時間を作れているか♪♪




在籍されている女性とこの数字を見て一緒にお話しする中で多くの方が

「〇時間出勤してるから結構仕事してる“つもり”になってたけど、実際は〇時間しか出演していなかったんだぁぁ」

と言われることが多いです。

そこでまずみなさんが取り組まれてるのは、休憩時間の見直しと、休憩時間を決める事♪

からスタートされてる方も多いです(^^)




今までは何となく取ってた休憩もめりはりをつけて

「〇時までは集中してお仕事して、〇時になったら〇分休憩とろう♪」

とタイムスケジュールを決めてお仕事されてます。

その結果、今までと同じ出勤時間内で出演する時間が自然と増え、

増えた分1日あたり獲得されるポイントも増えてます(^^)




休憩なくとにかく頑張ろう!!というものではなく

〇時間出勤してるなら、その使ってる時間を有効な時間にしませんか(*^-^*)?

という認識で思って頂けると幸いです☆




そして、自分の中での1日の出勤に対する出演時間の計画が立ち、

その時間分ポイントが伸びた後は、

その中でより効率よく1時間当たりのポイント単価を上げていくことに切り替えます(^^)/

この単価を上げることに関しては、「これをやったら絶対上がる!」

というものはなく、今の取り組みの中で様々なことを変えていく必要があるので

そちらに関しては今後のブログと現場のスタッフより一緒に考えてご提案させて頂きます(*^-^*)




今回は目標を達成するためには「勝ち癖をつける♪」という部分にフォーカスしてお話ししましたが

目標を立てることは大切。

でも、それ以上に大切なのは自身の「メンタル」だと思います(*^-^*)

気持ちよく前向きに取り組めるためにどうするかをまず考えることが、目標達成への一番の近道と私は思います(^^)/

今回も最後までご覧頂きありがとうございました♪♪



通勤でも在宅でもOK♪
チャットレディについてのご相談はこちら
相談してみる

30代40代の女性にも大人気
チャットレディプロダクション
「マーメイド」
LINE お問い合わせ
メール お問い合わせ
電話 お問い合わせ