女性のための高収入で稼げるアルバイト「チャットレディ」の大阪(心斎橋・難波・梅田・本町)求人情報サイトです

代表の独り言

結果が出ない人は「変化したくない」と思う。結果が出る人は「変化しないほうが危険」と思っている。

社会というものは刻々と変化していきます。

巷では「未だかつてない変化が起こっている」とか「過去に例がないほど社会の変化は激しい」という内容の言葉をよく耳にしますね。

でも考えてみれば、人間社会というものはいつの時代も変化を積み重ねてきたのではないでしょうか。

過去のどの時代をサンプルとして切り取ったとしても、きっと「変化がなかった頃」というのは見つからない気がします。

もしそんな時代があったとしても、それはごく短い期間のことだったのではないかと推察します。

自分を変化させることを恐れず自己改革ができる人というのは、仕事においてもプライベートにおいても結果を出すと私は思います。

何故なら、「社会は刻々と変化する」という大前提の下では、自分を変えるというのは必要なことであり理に適った行動だからです。

今回は変化についてじっくり考えてみたいと思います。





変化を恐れていては、「現状維持」さえできないという現実

再三お伝えしますが、世の中というものは常に変化しています。

この状況の中で、もしも自分が変化することを拒んだ場合どうなるでしょうか。

一言でいうと「世間について行けない人」になるのではないでしょうか。

それはそれでいい。別について行けなくてもいい。

…そんな選択をする人も世間では時折見かけます。

しかし変化を拒み続けた結果、商売や生活が成りたたなくなり、後から大慌てで変化への対応に追われることになるといったケースは山のようにあります。

たとえば携帯電話を例にして考えてみます。

ほんの5~6年ほど前までは、「スマホ派」「ガラケー派」なんて言葉をよく耳にしましたよね。

「スマホの方が絶対にいい」という意見が大半を占めるようになってもまだ、「俺はガラケーしか持たない!」などと言って頑張っていた人を、あなたも一度ぐらいは見かけたことがあるのではないでしょうか。

けれど時の経過と共に携帯の売り場はスマホ一色になっていき、ユーザーは皆LINEなどのチャットツールを中心として会話をするようになり、今では高齢者の方でもスマホを使わざるを得ない世の中になりました。

今の時代は、スマホを持っていなければ孫とのつながりも薄くなってしまう可能性があるし、友達との交友を続けるのも大変です。





変化を歓迎して結果が出せる人になろう

先ほどご紹介した携帯電話の事例だけでなく、これまでの世間の流れを振り返ってみると、人はいつの時代も変化に迫られてきたことに気づかされます。

どうせ変化しなければならなくなるなら、世論に追い詰められて後発組になるよりも、変化を歓迎して先発組になっておいた方が対応力も磨けるし結果も出せると思うのですが、皆さまはいかがでしょうか。

昨日まで常識じゃなかったはずのことが、今日や明日には常識になるかも知れない…。

そのような考え方を持って社会を見据えておけば、変化に対する恐れは軽減されますし、むしろ変化を怖がることの方が危険だという気持ちも沸いてきます。





「ブームに流されない」のも変化への対応力

世論もブームも刻々と変わっていく中では、「必要に応じて」変化する・しないを選択するという意志をしっかり持っておくことも必要だと思います。

自分に必要があるものと必要がないものとを見極めなければ、世間にどんどん流されるだけの生き方になってしまいます。

〇ブームに流されると、自分らしい生き方から遠ざかることも…

・茶髪や日サロが大ブームだから、自分も茶髪にして日焼けサロンに通うことにした。

・次から次へと世間に登場してくる家電やゲームを片っ端から購入する。

ブームに流されやすい人というのは、自分の時間やお金を大量に失います。

ブームというのは次々とやって来るものであり、そしてやがて去るものですね。

川の水が上流から次々と流れてきては下流に去っていくのを見ているときと同じように、冷静に世の中の流れというものを視る目を持っておく。

これも変化への対応力の一つではないでしょうか。





変化を自分の中で「当たり前のこと」にする

ここまで見てきたように、「変化」というのは特別なことではありません。

会社もそこで働く人々も、変化することなくして今の幸せや現状を維持することはできません。

自分が目指している結果が出せるか出せないかを言及する以前に、そもそも変化とは重要な処世術だという認識を持っておくことが必要ではないでしょうか。

ところで「伝統」という言葉を聞いたとき、私たちは昔からずっと同じとか変わらないものをイメージしがちですね。

しかし実際に伝統を継承する立場にある人は、「伝統とは続けることであり、変わらないものではない」と言います。

続けることができたのは、時代の変化を読み続けてきたからだと言う伝統継承者もいます。

時代が変わっても生き残っていく技術。生き残っていく会社。生き残っていく芸。…そして個人。

変わりゆく社会の中では、変化することなくして存在価値を発揮するのは難しいといえるのではないでしょうか。

今回は以下の言葉をご紹介して、締めくくりとさせていただきます。

いつか出来ることはすべて、今日もできる/モンテーニュ





※マーメイドへのご応募はこちら
応募する

大阪・梅田
チャットレディプロダクション
「マーメイド」

関連する記事

0120077913 (電話受付:10時~24時) メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ LINE ID:mermaid-82で検索 (メール・ライン受付:24時間)