耐えられない!男性に軽蔑される女性の汚い食べ方って?

食べ方が汚い人って、なんだか目につきませんか?

食事のマナーが悪い女性は、男性だけでなく同性からも嫌われる的。

どんなにお顔が可愛くても美人でも、食べ方が汚いだけで残念に思われてしまいます。

今回は、嫌われてしまう汚い食べ方をまとめました。

自分にも当てはまることが見つかるかもしれませんよ。





口を開けてくちゃくちゃ



食べ方で一番嫌だと言われるのが、口を開けてくちゃくちゃ食べること。

視覚的にも聴覚的にも、不愉快極まりない汚い食べ方です。

咀嚼した食べ物なんて、誰も見たくありませんよね。

くちゃくちゃ食べる音だって、一度気になると会話が頭に入ってこなくなります。

せっかく楽しい気分で食事をしていても、そんな姿を見た途端幻滅。

楽しい気分だってどこかへ飛んで行ってしまいます。

口を開けてくちゃくちゃ食べるのは、一緒にいると食欲がなくなる食べ方。

最初は我慢できても、いずれ共に食事するのを避けるようになってしまいますね。





頼むだけ頼んで食べ切れない



女性は、色々なものを少しずつ食べたい生き物。

ビュッフェに行くと、女性がたくさんいるのも頷けますよね?

しかし、居酒屋やレストランだと、色々なものを少しずつというのはむずかしいもの。

一人前として用意されているので、どれかひとつに決める必要があります。

普通だったら、いくつか食べたいものがあってもどれかに絞りますよね。

ですが食事のマナーがなっていない女は、自分の胃袋と相談せずに食べたいものを注文します。

「本当に食べられるの?」と問えば、「大丈夫!」の一点張り。

しかし食事も終盤になると、言わずもがなほとんど食べ切れていません。

たくさん残したお皿の上は、汚いという印象を持たれてしまいます。

大食いの方ならまだしも、少食だったり人並みの方だったら良い迷惑ですよね。

残すのはお店に対して失礼なことなので、できるだけ綺麗に食べ切りたいです。

「残すのが申し訳ないから、食べられる分だけ注文する」というのは、社会人として当たり前の考え方。

それを我慢できずに、食べたいものを注文してしまう無計画さが嫌われる原因です。





いつでも手放せないスマホ



私たちの生活を彩ってくれる、便利なスマートフォン。

誰でも手放せないものではありますが、お食事中にいじるのはマナー違反です。

本人に自覚はないのかもしれませんが、一緒に食事をしている側としては不愉快なもの。

目の前にいる人を大切にせず、スマートフォンの先にいる人を優先するのはどうなんでしょうか?

せっかく一緒にいるのにスマートフォンに夢中になられたら、なんだか自分の存在を軽視されている気分になりますよね。

食事は、食べるのはもちろんのこと会話も楽しむものです。

そうでなければ、一緒に食事をする必要がありません。

会話を楽しみたいがために時間をとっているのに、スマートフォンに夢中になられたら寂しい気持ちにもなりますよね。

誰でもしがちなマナー違反ですが、もしスマートフォンをいじりたいなら、

「急な連絡だから、返事をしていい?」

「気になることがあるから、調べてみてもいい?」

など、一言添えるだけでOK。

相手のことを気にしているという態度を示すだけで、好感度はまったく違います。

食事中はなるべくカバンにしまっておくのが好ましいですが、”どうしても”という場合は一言添えるのを忘れずに。

また、スマートフォンはきれいとは言えないものなので、テーブルの上に置くのも避ける方がいいですね。





肘をついて食べる



ついついやりがちな食べ方ですが、嫌われる原因になるものです。

外でやってしまうのは、マナー違反。

肘をついて食べる姿は、なんとも言えない下品さを感じます。

しっかりとした生活をしていても、その姿を目撃すると「だらしない人なのかな?」と、あらぬ想像をされてしまいます。

男性からすれば、将来の子供にしつけるのに問題があると思うかもしれませんね。

たったひとつのしぐさでそう思われてしまうなんて、もったいないことこの上ありません。

肘をつかないというのは、ちょっぴり気を付ければやらないこと。

気を抜いた状態だとやりがちなことですが、慣れればつらいことではありません。

自宅でひとりならいいかもしれませんが、外でやらないように気を付けるのも疲れます。

だったら自宅にいるときから気をつけて、くせにしてしまう方が賢明ですね♪





食事は相手への配慮を忘れずに



嫌われてしまう汚い食べ方についてでしたが、如何でしたでしょうか?

しっかり気を付けていても、うっかりやってしまう汚い食べ方があったかも?

食事のマナーは溢れているので、ひとつひとつ気にしていたら疲れてしまいますよね。

気を遣いすぎた食事は楽しくないので、あまり好ましくありません。

そんなときにおすすめなのが、「相手が不快に思うことはしない」という食べ方。

「この食べ方をしたら、相手はどう思うかな?」と考えながら食事をすれば、相手を不愉快な気分にさせることはだいたい防げます。

目の前の人だけでなく、周囲への配慮も忘れなければ好感度抜群。

嫌われる女から一転、誰からも好かれる女性に大変身できますよ。


体験ボーナス今体験すると現金1万円プレゼント期間限定キャンペーン中

チャットレディとは?お仕事内容をご紹介!

チャットレディの1日に密着!