月収65万円・年収780万円は
「やる」か「やらない」かだけで稼げます

月収65万円・年収780万円

と聞いて多いと思われる方、少ないと思われる方は様々と思います。

チャットレディのお仕事で月収65万円~100万円以上を稼ぐ場合は、ひと一倍の努力や経験値がもちろん必要になりますが

月収65万円は、マーメイドなら

「やるか、やらないか。」

で稼げます。

今までどの仕事でもこの収入を得たことがなかったり
チャットのお仕事でも稼いだ経験がなかったなら

「本当に稼げるの?」

と思われるかもしれませんが、日々の金額や勤務時間を細かく見ると難しい金額でないことをご理解頂けると思います。

では実際にシミュレーションをしていきましょう。

月収65万円を稼ぐシミュレーション

今回は例として一般のお仕事と同じ様に週2休み・1日休憩込みの9時間勤務で設定します。

※本業を週5日、1日8時間働きながらでも副業のチャットレディで月収65万円以上得られてる方もマーメイドにおられるので、下記の例はチャットレディを本業にしないと稼げないというものではありません。

月間獲得ポイント

150万pt × 38.0% = 570,000円

※ボーナス込みの報酬率で計算。

交通費 23,000円

別途ボーナス 75,000円

報酬680,000円 (報酬率 44.5%)

出勤日数

週休2日制にすると、月間の出勤日数は23日

1日あたりの獲得ポイント

150万pt ÷ 23日 = 65217pt

1日9時間勤務(休憩込)で「65217pt」

これって絶対に無理ですか?

などなど、マーメイドのマニュアルをかき出すとまだまだ続いてしまうので一部のみご紹介しましたが、より多くのファンを獲得できるようにパフォーマンスを改善していくことでリピーターが増え、日々の獲得ポイントの平均値は確実にキープ、または伸ばすことはできます。

この様にポイント(収入)を安定させる根拠を作っていく中で

1日9時間勤務(休憩込)で「65217pt」の獲得は絶対に無理ではなく、やるべき事をすれば達成できる数字だからこそ

月収65万円を稼ぐことは難しくなく

「やるか、やらないか」だけだと思うのです。

※一般的なチャットルーム様の場合は報酬が30%になるので、同じ150万ptを獲得したとしても報酬は45万円となり、20万円もの差があり非常に稼ぎやすい報酬プランをご用意している事も理由です。

実際にマーメイドでは月収65万円やそれ以上の収入を得られてる女性が沢山おられるので、何の根拠もなくお伝えしているのではない事をご理解頂けると幸いです。

また1日10時間~12時間以上の勤務や休みなくお仕事して月収65万円が稼げるとお伝えしているのではありません。

あくまでも今回例としてお話しさせて頂いているのは
週2日は休み、勤務時間も休憩込で9時間一般のお仕事と同じ様に取り組まれた場合です。

より効率よく稼がれてる方は、本業をしながらでも稼がれてたり、1日のお仕事時間ももっと短い時間で上記の報酬を得られてる方もおられるので、先ほども申した様に本業にしないと稼げないものではなく、また上記に記載している時間お仕事しなければ稼げないという事でもありません。

月収65万円のうち生活費に20万円、貯蓄に45万円とすると年間で540万円貯まります。

2年で1000万円の貯蓄もできます。

「お金が全て」ではありませんがお金は大事。

若いうちは気づかなくても、年齢を重ねるほどお金の重要性は痛感します。

またチャットレディは何歳になってもできるお仕事です。

40代・50代になってもお客様からの需要はあり稼げます。

今はそこまで沢山の収入が必要でなかったとしても、人生何があるかわかりません。

いつお金が必要になるかはわかりません。

そんな時に「稼げる手段」を持っている事は非常に大きな事です。

だからこそ、今チャットレディでの稼ぎ方をマスターしておく事はご自身の将来の保険になると思います。

歩合のお仕事は不安定。と思われるかもしれませんが結局はどう考えるか。

以前のブログ“ローリスク・ハイリターンは存在する”でもお伝えしてますが、固定給や時給制は安定はあるかもしれませんが、それ以上はありません。

歩合制は安定はないかもしれませんが、だからこそ普通では得られない収入が得られるのです。

かと言って本当に不安定かと言うと、徹底すべきことを徹底すれば固定ファンも増え、1日あたりの獲得ポイント(収入)も安定します。

半年前に比べ今の生活は良くなりましたか?

半年後の生活は今より良くなっている根拠はありますか?

もしも何もなく、「今の生活を変えたい」という気持ちが少しでもあるなら、チャットレディを今の生活を変える一つの手段にしてみませんか?

LINE お問い合わせ
メール お問い合わせ
電話 お問い合わせ